映画は、タイトルが終わると、

ある洋館の建物のステンドグラスの窓の大写しとなり、雷鳴が鳴って、窓が点滅するという、オドロオドロしい雰囲気で始まる。部屋では、誰かがテーブルに座って手紙を書いているが、手の大写しが延々と続くだけで、人物は分からない。手紙の内容は、上記5組の探偵に対する、晩餐会と賞金100万ドル(約1億円)の殺人ゲームへの招待状で、同じ文面が5通つくられる。署名は大富豪のトゥエイン。顔が写されない人物はトゥエインその人であるらしい。このトゥエインを演じる俳優は、ドラマの進行とともに姿を現わすが、ベストセラー「冷血」の作者としても有名で、映画『カポーティ』にもなった、文豪のトルーマン・カポーティ(1924~1984)その人で、奇人と言われたカポーティらしい行動で、この役を引き受けたものであるらしい。カポーティその人を、私は映像で見るのは初めてだが、映画でカポーティを演じ、アカデミー男優主演賞に輝いた俳優フィリップ・シーモア・ホフマン(さる2月2日薬物中毒で46歳で急死)に、そっくりな風貌で、びっくりした。まさに急死した俳優ホフマンの当たり役だったわけだ。そして映画は、書き上げられた招待状を、出しに行くことになるが、その執事(アレック・ギネス)が全盲で、やがて招待された探偵たちが、次々と深い霧(霧という道具立ても怪奇調にふさわしい)の中をやってくる段になり、その都度、執事に迎えられるのだが、全盲のため、既に入っている客を、玄関まで迎えに行くなど、トンチンカンな笑いが次々と起こる展開になっている。

カテゴリー: その他 | コメントは受け付けていません。

サンダルで川遊び

川遊びの1番は「釣り」でしょう。「渓流釣り」や「中流・下流釣り」などがあります。その他にも「管理釣り場の釣り」があります。こちらはよく言う「釣り堀り」です。子供と一緒の時などは、この釣り堀だと安全に楽しむことができるでしょう。一緒に釣りをする楽しみだけでなく、普段なじみの少ない魚に直に触れることができ良い経験となるでしょう。
新しいサンダルが欲しくなってきました。
渓流釣り」にハマる人は、かなり凝ってしまうようです。昔、「渓流釣り」を通しての親子関係を描いた映画もありました。渓流釣りは「フライフィッシング」と言われファンも多くいます。サケ科の魚が生息する河川で行われる事が多く、自然観察力が必要とされるようです。子供と行くには、成長を待ってかなり大きくなってからの方が良いでしょう。川釣りと言われて思うのが「中流・下流釣り」です。おもりを使ってコイやニジマスなどを釣りますが、ある程度の大きくなったお子さんと行くと、会話が出来楽しいかもしれません。
また、お子さんから大人まで、アドベンチャーを好む層からも人気となっている川遊びが「渓流下り」です。ゴムボートを使って体1つで川を下るラフティングやカヤックやカヌー等も人気があります。しかし、どの川遊びを選んだとしても、突然深くなったり、急に流れが激しくなったりと危険も多く、お子さんと行くときは約束事を決めていくとよいでしょう。そして、インストラクターの指導を受けることができる川遊びも多く、話をよく聞いて行動し、目を離さず常に気にかけて一緒にいるようにしましょう。川遊びは楽しい反面危険も含んでいます。大人も十分に気を付けて川遊びを楽しんで下さい。

カテゴリー: その他 | コメントは受け付けていません。

通信教育の歴史

世界における通信教育の始まりは、1940年にイギリスでアイザック・ピットマンが自身が数年前に発表した速記の実用的な方式を、教科書として出版し、通信講座を始めたのが最初だと言われています。教科書を購入した受講生が速記をし、ピットマンに郵送すると、添削して評価と共に返送するといったシステムだったそうです。
奇しくも1940年は、イギリスで近代的な郵便制度がスタートした時で、切手制度が導入され、現在も世界の多くの国々で受け継がれている郵便制度が誕生しました。
この新郵便制度によって、郵便は格段に使い勝手が良くなったそうで、通信教育には絶対に必要であった通信手段の環境が整ったことで通信講座が機能したとも言えそうです。
日本においては、江戸時代に書簡によって教育指導することが拡まったのが通信教育の始まりだと言われています。
なかでも、本居宣長は500人の門人に書簡で課題を与え、その考察結果を返信させて、更にそれを添削して再度送り返していたとして有名です。本居宣長は、それ以前に賀茂真淵に6年に渡って、書簡で教育指導を受けており、その書簡の実物も残っているそうです。その当時の郵便制度はまだ飛脚で、誰でも通信教育を受けられる時代ではなかったようです。
現在の通信教育に近いものは、明治時代に始まったようです。これには、日本郵便制度の普及と共に印刷技術の向上が深く係わっていると考えられます。書籍の大量印刷が可能になり、新聞や雑誌のマスメディアも成立したことにより、通信講座の広告を出せることが可能になったからです。
多数のニーズを集約できる手段を得た事により、ビジネスとしての通信教育が成り立つ環境になったそうです。

カテゴリー: その他 | コメントは受け付けていません。

アートメイクの体験談

知人におしゃれ大好き、メイクも大好きという女性がいて、アートメイクを施してもらった人がいます。その方は、友人の紹介でクリニックを教えてもらったそうです。
アートメイクのトラブルは承知だったそうですが、体験したいという好奇心と素の状態がきれいなら楽だという軽い気持ちで臨んだと聞きました。
やはり通っている間は痒みがあったり腫れたこともあったそうです。耐えられるけど、痛みを感じたとも話していました。私もアートメイクの危険性について少しは知っていたので、通っていると聞いた時は不安に思いましたが、特に問題なく施術は終わり知人は大変満足しており、安心しました。
術後だいぶ経ってから彼女に会う機会があり、眉とアイラインを見ましたが、それがアートメイクなのか全く分かりませんでした。近くで見ると自眉でない事は分かりますが化粧をしているのと差がなく、ナチュラルな仕上がりで“きれいな眉だね”といった感じです。
そしてアートメイクの威力を感じたのは、その彼女とプールへ遊びにいった時ですね。確かに落ちないし、きれいです。これには驚きました。その時に近くで見せていただきましたが、アイラインもしっかり残ってます。まつげの際を埋めるような感じだったので、まさに“すっぴん美人”といった感じです。
その時は羨ましくなり、私も体験したいと思いましたが、残念ながら私は定期的に皮膚科に通う程のアトピー持ち。医療として技術が高まり、アトピーでも大丈夫ですよと言われたら受けてみたいなとひそかに願望を抱いておりますが、今はやっぱり不安なので我慢してます。

カテゴリー: その他 | コメントは受け付けていません。

クラブ「バイオビジック」

昭和の時代に遡りますが、大阪ミナミに「バイオビジック」というクラブがあったそうです。
「バイオビジック」は雑居ビルの3階で営業していましたが、水曜日は芸能人がちょくちょく訪れることで有名だったらしいです。
ところで、こないだの通り魔事件。聞いた時は本当にビックリしました。私が通っていた美容室の近くだったんです。もうこんな悲しい事件は起こってほしくないですね。

カテゴリー: その他 | コメントは受け付けていません。

■放射能測定器 / バイオビジック

震災から1年以上が過ぎてからも、放射線の不安は消えない。
東京へと嫁いだ友人は、昨年末に子ども二人を連れて地元大阪に戻ってきた。
彼女から、関西人には馴染みがない放射線測定器を見せられたときはドキッとした。
子どものいる家庭では、個人でも放射能測定器を持っている家庭は多いと聞いた。
彼女は原発事故の後直ぐに購入、当時は日本製のものなど手に入らず、韓国製の測定器(確か何とかバイオビジックだったと思う)を購入。個人で買える程度の測定器はあてにならないなど、あまりにも情報が錯綜していて計測したところで安心は得られなかったらしい。
※確かに、こんなので測定できるのかって思うくらい、ちゃっちい造りのような気がした(^_^;)
ようやく今では、日本製の測定器も出回るようになり、単身赴任となってしまったご主人用に改めて購入したそうだが、その費用は全て個人負担。
大飯原発再稼働・・・ 大丈夫なのだろうか?

カテゴリー: その他 | コメントは受け付けていません。

バイオビジック通/ミルクティ~

今日も快晴で日差しがまぶしい~。日焼けを気にしながらバイオビジックの前を通っていつもの銀行まわり。
きっと月初めの今日は、銀行はすいているはず♪ 悪魔がささやいた。
そうだ、今日は海外送金の確認など、何かと時間のかかる用事ばかり♪
事務職の私にとって、唯一営業妄想、籠の外を味わえる日なのだ(^^)v あそこのミルクティを飲んでく時間が生み出せる日というわけ。
なんといっても、ここのミルクティーは美味しすぎる! とあるCMで、「茶葉抽出だから・・・」といっていたが、そんなものは目じゃあない。
葉っぱがちがうのだろうか・・・ 牛乳が苦手な私が、ここまでミルクティーにはまったことはない。
ミルク臭さがまったくなく、あくまで紅茶・・・ なんと幸せなひと時か~
今日もとても癒されましたよ、サボったこともバレず、とても素敵な春の日を満喫♪

カテゴリー: その他 | コメントは受け付けていません。

日本では労働力が半減し、高齢者が倍増?

高齢化率が7%を超えると高齢化社会
21%を超えると超高齢社会となります。
日本は2007年に【世界初】の超高齢社会となっているそうですが、バイオビジックのファミリーはどうでしょうか?まだ連絡がありません。
競合他社に負けない圧倒的な強みをリストアップしましょう。
JAPANにいる限り永遠に。

カテゴリー: その他 | コメントは受け付けていません。

名刺デザイン・テンプレート

名刺デザイン・テンプレート1690点、封筒デザイン・テンプレート1200点の中より選べるらしいです。http://www.eprint-net.com/index.html
バイオビジックと言えば・・・大切な会議があると言ってたような。操作マニュアルも早く作らないとね。

カテゴリー: その他 | コメントは受け付けていません。

真実/バイオビジック株式会社[クチコミ]

クチコミは信用できませんね。バイオビジックについても同じです。
勝手に思い込んでましたが、バイオビジックではなくバイオビジックジャパンなんですね(汗)
間違ってました。本当に恥ずかしい。
ところで、クチコミサイトってどこまで信用できるんでしょうかね。転職する際にみんな見てるようですが、実際アテになる情報なんでしょうかね。
バイオビジックさんについてもそうです。関連ワードというやつでいろいろ悪い評判を見ます。
システムの専門家によるとこれはいくらでも自作自演できるようです。嫌がらせも出来るわけです。
結局、クチコミ情報の信憑性は疑問視せざるを得ないわけですから、キチンと自分の目で確かめていきましょう。

カテゴリー: その他 | コメントは受け付けていません。